Menu

海上コンテナ・seacontainerのコンテナハウスは安く出来る?

海上コンテナ・seacontainerのコンテナハウスはだいたいいくら程度で実現するものなのでしょうか。

海上コンテナ・seacontainerのコンテナハウスだからこそ、滅茶苦茶安い価格で実現すると思っている人たちもいらっしゃることでしょう。しかし、はっきり言って、海上コンテナ・seacontainerのコンテナハウスはそんな安いモノではありません。

コンテナの買取・販売は中古コンテナ.netで

海上コンテナ・seacontainerのコンテナハウスの価格

海上コンテナ・seacontainerのコンテナハウスの価格は、 19坪60㎡程度の平屋でだいたい1,000万円程度かかるのを目安として考えてください。

もちろん、それ以下という方々も多くいらっしゃるでしょうけど。

だいたい木造のものを建てる程度か、それ以上かかるケースがほとんどです。

固定資産税もかかる

そして、海上コンテナ・seacontainerのコンテナハウスには、固定資産税もかかってしまうことになります。

残念ながら、海上コンテナ・seacontainerのコンテナハウスは、地面に定着した住居というみなされ方をし、建築基準法上の建築物ということで、固定資産税もプラスα支払いをしなければなりません。

固定資産課税台帳に記載された評価額を元に1.4%をかけた金額が固定資産税です。

1,000万円の場合は14万円プラスα支払いしなければならないということです。

他に海上コンテナ・seacontainerのコンテナハウスでかかる費用

また、海上コンテナ・seacontainerのコンテナハウスには、このような費用の負担があります。

海上コンテナ・seacontainerのコンテナハウスを建てる以前、
土地が必要ですよね。土地がないという人たちは、土地代もプラスαかかることになります。

海上コンテナ・seacontainerのコンテナハウスを移動させるため運送費もかかることになります。

距離や台数、大きさによって費用は変わりますが、一人暮らしの方々が引越しする程度では済まないでしょう。

また、海上コンテナ・seacontainerのコンテナハウスには、基礎工事費がかかります。

傾斜地と平坦な土地では、その費用にも違いがあります。

海上コンテナ・seacontainerのコンテナハウスでは、給排水繋ぎこみにも費用がかかります。

そして、海上コンテナ・seacontainerのコンテナハウスは、メンテナンスという視点に立てば、普通の住居とは何も変わらないと思いますね。防錆加工、シロアリ対策、また雨漏りなどの費用もプラスαかかることになります。

新着記事