Menu

考えなければならない鉄道輸送・railtransportのモーダルシフト

私達がいま考えていかなければならないのは、鉄道輸送・railtransportのモーダルシフトです。最近、モーダルシフトというキーワードが俄然注目されるようになりました。

コンテナの買取・販売は中古コンテナ.netで

鉄道輸送・railtransportのモーダルシフトとは

いま、鉄道輸送・railtransportのモーダルシフトが注目を浴びるようになり、慢性的な赤字が続いていたJR貨物の鉄道事業が、2017年3月期の決算で久々に黒字へ転換したというのは象徴的事例ではないでしょうか。

JR貨物は、この調子で、どんどん進んでいかなければなりません。これが、私達日本経済の進むべき道であり、環境保護と両立させることができる方法です。

でも、鉄道輸送・railtransportのモーダルシフトと言って、それが何かわからないという人たちも、いまだいらっしゃるのも事実です。

モーダルシフトの必要性

そもそも鉄道輸送・railtransportのモーダルシフトとはなんなのでしょうか。

モーダルシフトとは、トラックによる貨物輸送を大量輸送可能な海運もしくは鉄道輸送・railtransportに変換させることを言います。

地球温暖化対策の一つとして、ずっと鉄道輸送・railtransportのモーダルシフトが囁かれて来ましたが、最近は、トラックのドライバー不足からも、鉄道輸送・railtransportのモーダルシフトが提案されるようになって来ました。

鉄道輸送・railtransportのモーダルシフトを支えなければならないのは、JR貨物の存在です。ズバリJR貨物が何も変わらない限り、鉄道輸送・railtransportのモーダルシフトは、何も成功などできやしないでしょう。

JR貨物では、約8,000kmの鉄道網を有して、日々だいたい600本の貨物列車を運行しています。

また、鉄道輸送・railtransportに必要な、コンテナは約70,000個ここが保有されています。

実際に、JR貨物の存在がどのレベルなのかと言えば、世界でもトップクラスなので、鉄道輸送・railtransportのモーダルシフトは充分実現することができるはずです。

鉄道輸送・railtransportが熱い

鉄道輸送・railtransportのモーダルシフトの流れが浸透しているかは、JR貨物の数字から見てとることができます。

「平成29年3月期決算の概要」では、
平成29年3月期の連結決算において、鉄道ロジスティクス事業の営業利益が15億円の黒字ということです。

鉄道輸送・railtransportのモーダルシフトは注目され、実現しているのも事実なのです。

いま、鉄道輸送・railtransportのモーダルシフトが注目される理由には、ドライバー不足の深刻な問題も背景に存在しているからです。

新着記事