Menu

鉄道輸送のモーダルシフトは輸送の方法を変える発想

私達はいま真剣に鉄道輸送・railtransportのモーダルシフトについて考えるときです。

私達は、いろいろ世界中の商品とめぐり合うことができています。その多くは船で運ばれて、日本国内のいろいろな場所に運ばれて行きます。実際にトラックの中距離輸送というのが、日本の場合多いでしょう。

しかし、トラックの中距離輸送ではいろいろ問題を抱えています。

コンテナの買取・販売はここがおすすめ

トラックの中距離輸送の問題

多くは、トラックの中距離輸送が一生懸命頑張ってくれているから、私達は、世界中のいろいろなモノとめぐり合うことができるのです。

しかし、トラックの中距離輸送は、地球温暖化の原因となる二酸化炭素(CO²)をたくさん発生させてしまう方法であり、そろそろトラックの中距離輸送は限界……と考える人たちも多くいらっしゃることでしょう。

当然、環境保護に対しても、私達はしっかり向き合う必要があります。

そこでトラックの中距離輸送よりも、地球温暖化の原因となる二酸化炭素(CO²)が少ない方法が何かと言えば、鉄道輸送・railtransportのモーダルシフトということになります。

モーダルシフトとは、簡単に言えば、輸送の方法を変える発想です。

鉄道輸送・railtransportのモーダルシフトの向き合い方

鉄道輸送・railtransportのモーダルシフトという考えは、海外では上手く定着しているようです。

鉄道輸送・railtransportのモーダルシフトであれば、トラック輸送の
10分の1のCO²排出量で動くことができます。

スイス、オーストリアでは、国を通るだけの大型トレーラーが規制されているということです。ですから鉄道輸送・railtransportのモーダルシフトが上手く活用され、なんとそこでは、貨物列車にトラックごと載せて通過させているということです。

こんな鉄道輸送・railtransportのモーダルシフトのあり方もOKと言えばOKです。

中距離輸送と併用

鉄道輸送・railtransportのモーダルシフトにも限界あり、うまくトラックの中距離輸送と併用して合理的方法に転換させることができるといいですよね。

ただ鉄道輸送・railtransportのモーダルシフト、鉄道輸送・railtransportのモーダルシフトと言っているだけでなく、新しいタイプの鉄道が開発されるなど努力もしていかなければならないでしょう。

日本でもしっかりと鉄道輸送・railtransportのモーダルシフトと向き合っていかなければならないときです。しかし、日本の貨物列車は、モーダルシフトを全部引き受けるにはちょっと問題がありそうですよね。

新着記事