Menu

鉄道輸送・railtransportのモーダルシフトがドライバー不足を改善

現在、深刻なドライバー不足の問題を抱えています。実際に、モノ
をスムーズに運びたいけど運ぶことができない現実なのです。トラックの中距離輸送の依存から脱却する方法として注目されているのが、鉄道輸送・railtransportのモーダルシフトです。

みなさんは、モーダルシフトというワードを一度でも聞いたことがあるでしょうか。

コンテナの買取・販売は中古コンテナ.netで

鉄道輸送・railtransportのモーダルシフト

鉄道輸送・railtransportのモーダルシフトを何が支えているのかと言えば、ズバリ、 日本貨物鉄道(JR貨物)の存在です。

日本貨物鉄道(JR貨物)は、果たして今後、どのような姿勢で鉄道輸送・railtransportのモーダルシフトと向き合っていけばいいのでしょうか。

そして、実際に鉄道輸送・railtransportのモーダルシフトは実現することができるのでしょうか。

鉄道輸送・railtransportは、日本の物流を今後どのように変えていくのでしょうか。

モノが運べなくなる

物流とは、モノを運ぶことです 。しかし、モノが運べなくなる事態が起きているとすれば、これ程深刻な問題はありません。

長いあいだ貨物輸送量の9割以上を運んできたトラックの中距離のドライバーの深刻な不足の事態を抱えています。

実際に、それぞれのメーカーが、モノが運べなく危機感を持っているといいます。製販のサプライチェーンをつなぐのは、まさに物流の機能なのです。

そして、物流の機能の不全が、経済に大きな影響を及ぼそうとしています。

そして、いま、何を考えていかなければならないかと言えば、中距離輸送から鉄道輸送・railtransportのモーダルシフトなのです。

それを、JR貨物が、機能を引き受ける形になります。

JR貨物は変わることができるのか

それでは、JR貨物は、すべてを引き受けることができる程変わったということができるのでしょうか。また変わることができるのでしょうか。

鉄道輸送・railtransportのモーダルシフトにあるのは、鉄道貨物の復権ともいうことができるでしょう。昔、相当な鉄道輸送・railtransportに対しての期待値が存在していました。そして、そうではなくなってしまった時代があります。

そのとき、なんで、人たちは鉄道輸送・railtransportを見放してしまったのでしょうか。

JR貨物が誕生した以降1ケタ台に低迷を続けてきた時代もあります。

しかし、いま、やむなく鉄道輸送・railtransportに戻らなければならない背景は間違いなく存在していると言っていいでしょう。それは、やっぱりトラックドライバー不足の深刻化問題ゆえです。

新着記事