Menu

合宿免許に関する基本的な知識

最近、「合宿免許」を利用して運転免許を取得する人が非常に増えてきています。今まで通り、自宅や学校・職場から近い自動車学校に通学しながら運転免許取得を目指すと言う方法はもちろん利用者が沢山いますが、だんだんと合宿免許に対する評価が高まって来ています。

合宿免許の魅力と言えるのは、「安い金額・短い期間で卒業することが出来る」と言うことです。基本的には最短日数(法定)である2週間ほどで全てのカリキュラムを修了することを目指します。実技・学科ともに一日の上限までカリキュラムを受講することが出来るため、非常に効率良く修了を目指せます。

ただ、期間中は文字通り缶詰め状態で過ごさなければいけない(泊まり込み)為、まとまった時間を確保しておく必要があります。学生であれば長期休みなどを利用して参加することも出来ますが、アルバイトをしている人や社会人として働いている人にとっては、若干の使いづらさを感じることが多くなります。

合宿免許が開催される場所は主に「地方」です。元々、このサービスが登場したきっかけは、地方にある自動車学校の利用者がすくなくなり、繁忙期以外でも一定の集客が出来そうだと言うことに期待して首都圏などの大都市から希望者を誘致して場所を提供するというものでした。今では一種のビジネススタイルとして定着していて、過疎化など全く関係ない地域でも開催されることが増えてきています。苦肉の策だったものが、今や地域振興の一手としてしっかりと貢献しているという状況は、非常に喜ばしい結果と言えるでしょう。

登場初期は環境があまり整備されてはいませんでした。名前通りの環境と言う感じで、大部屋に参加者が雑魚寝して共同生活を送ると言う状況に近いものだったのですが、最近では宿泊場所の種類が豊富に選べるようなったり、料理・温泉の有無を自由に選択することが出来る様になっています。個室完備の合宿免許も多くなってきているので、女性一人でも安心して参加することが出来ます。

新着記事