Menu

短期集中型だから合宿免許は魅力的

合宿免許に参加すると、約二週間(AT車14日・MT車16日)で「最短卒業」することが出来ます。合宿免許以外の方法を利用する場合、一発試験であれば最短日数で運転免許を取得することは可能ですが、自動車学校に通った場合は「最短卒業プラン」などを利用しない限りはまず無理です。

一発試験は例外的な環境になってしまうので比較が容易ではありませんが、最短卒業プランを利用する場合は「通常よりも金額が高くなる」と言ったデメリットもあります。お金を取るか時間を取るかと言う選択が出来るのであれば良いですが、どちらも大切にしたいと言うことであれば断然合宿免許の方がおすすめです。

合宿免許を利用する場合、かかるお金は20万円程度で済むことが少なくありません。中にはもっと安い金額で参加できるものもありますが、通常時と比べて10万円以上お金を節約できることが多いです。更に、最短期間で卒業することが出来るので時間も節約することが出来ます。お金・時間両方の面でメリットが期待できると言うのが合宿免許の大きな魅力となっています。

しかし、残念ながらデメリットもあります。それは「まとまった時間が必要になる」と言うことです。最短日数で卒業することが出来るとは言っても、その期間中は学校や仕事を休む必要があります。学生が長期休暇を利用して参加すると言うことであればまだしも、働いている人などは参加する為のスケジューリングに大きな労力が必要になってしまうことがあります。

また、開催されている中には様々な特徴を持ったものがあります。敢えて合宿免許として開催しているが首都圏近郊(通学圏内)え開催されるもの、宿泊施設や料理などの種類を自由にカスタマイズできるもの、予め観光が含まれたスケジューリングで進んでいくものなどがあり、参加者は自分の希望に合わせてプランを選択することが出来ます。このように幅広い利用方法があると言うことも、合宿免許が人気である大きな要因となっています。

新着記事